バイナリーオプションには3種類の取引方法があります。

 バイナリーオプション

「ラダー型取引」「ワンタッチ型取引」「レンジ型取引」の3種類です

バイナリーオプションには3種類の取引方法があります。基本的には「ラダー型取引」「ワンタッチ型取引」「レンジ型取引」の3種類です。どの種類も「円高」になるのか「円安」になるのか予測する点は一緒ですが、どの時点で利益が出るかが取引ルールによって違います。

自分はどの取引にあうのか、取引ルールをよく理解し自分にあるバイナリーオプションの取引ルールで投資を始めましょう。

ラダー取引

ラダー取引はバイナリーオプションの中でもポピュラーな取引ルールです。国内のバイナリーオプション業者でも、ラダー取引に対応している業者がほとんどです。ラダー取引は、選択した銘柄が指定されているレートより「円高」か「円安」なのかを予測する取引ルールです。そして最終時刻になった時点で予測が当たっていれば投資した金額の1.1倍~20倍のペイアウトが配当でもらえます。

ラダー取引


レンジ型取引

レンジ型取引とは判定時間の間に定められたレンジの中で収まっているかどうかを予測する取引方法。最終時間の時点でその定められたレンジの間にいれば予測が当たりとなり、ペイアウトを受け取る事ができます。 ですので、値動きが安定している米ドル円やユーロ円などが取引に向いています。

ワンタッチ型取引

判定時間の間に定められたレートにタッチするかしないかを予測する取引方法。一度でも定められたレートにタッチできれば予測は当たったと言うことなので成功です。その後時間内に何度定められたレートにタッチしても大丈夫ですがペイアウト倍率(払い戻し)は同じです。

向いているのは、値動きの激しい英ポンドです。ボラティリティが大きいので、定められているレートにタッチする可能性が米ドル円などよりも多いかもしれません。


以上のように、バイナリーオプションといってもルールの違いがあります。業者によっても、取り扱っているルールが違うのでどのルールでバイナリーオプションを始めたいかで、選ぶべきバイナリーオプション業者が変わります。
外為オプション・・・・・ラダー
みんなのバイナリー・・・・・ラダー

人気が高いのはラダー取引です。レンジイン・レンジアウトなどバイナリーオプションには様々な取引ルールがあるので、自分に合う取引ルールを見つけるのもいいでしょう。
つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿
値動きが小さくても積極的に利益を狙っていける! >>>