バイナリーオプションの定額型と変動型

 バイナリーオプション

バイナリーオプションの取引には定額型と変動型があります。

バイナリーオプションには購入時点での利益率のわかっている定額制と購入時点では利益率を把握することができない変動型の2種類があります。

2013年までは、バイナリーオプション業者によって取引ルールは異なり、利益率も業者によりバラバラでしたが2014年からは金融庁によるバイナリーオプションのルール規制により変動型のみとなっています。

ですが、海外バイナリーオプションではまだ定額型の取引ルールが適用されている業者もあります。バイナリーオプションの知識を広げるためにも、定額型とはどんな物か、変動型とはどんな物かの理解を深めましょう。

ペイアウトが○倍固定となっているのが固定型バイナリーオプション

固定型のバイナリーオプションは、ペイアウトの倍率が固定になっています。たとえば、1,000円でチケットを購入したとします。その購入したチケットの予測があたり、ペイアウトを受け取ります。その取引した先のBO業者ではペイアウトを2倍としていたならば、購入した1,000円の2倍、2,000円のペイアウトが受け取れるという事です。

この固定型のバイナリーオプションでは、チケットの購入金額は自分で決める事ができます。購入金額分の2倍になるか、0円になるかというルールです。最近では、国内のバイナリーオプション業者で固定型の業者はありません。

1.1倍~20倍までとペイアウト倍率が変動する変動型のバイナリーオプション

変動型のバイナリーオプションでは、チケットの購入価格が変動しており好きな価格のチケットを購入する事ができます。

ペイアウトは倍率ではなく、金額で固定になっています。例えば、外為オプションやみんなのバイナリーなんかは購入したチケットの予測が当たれば、1チケットあたりに1,000円のペイアウトを支払っています。

購入金額は50円程度から990円。安く買ったチケットが当たると、ペイアウトとの差額が大きくなるので利益も多くなります。倍率にすると1.1倍~20倍と、固定型よりも高い利益率を出す事も可能です。

最近では、国内のバイナリーオプション業者は全て変動型となっています。ペイアウト金額が固定になっているので、取引ルールの仕組みも理解しやすくなっています。


つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿
国内人気トップクラス!バイナリーオプションといえば「外為オプション」 >>>